メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自主防災

県またぎ絆 今治と高知、市民組織交流10年目 「顔の見える付き合いで情報共有」 /愛媛

今治防災士会が2014年に開いた自主防災研究大会で、高知市の津波避難の課題を説明する西田政雄さん(ホワイトボード前、後ろ姿)=愛媛・今治市防災士会提供

 今治市と高知市。四国山地をまたぎ、直線距離で約70キロの両市の間で、自主防災組織の絆が生まれている。南海トラフ巨大地震が起きた際の長距離避難、長期避難も視野に双方の防災士会、市民組織などが研修を重ね、交流は10年目に入った。「日ごろから顔の見える付き合いを」が合言葉だ。【松倉展人】

 今治市防災士会の伊藤雅章事務局長(62)らによると、交流は東日本大震災の2年前の2009年夏に始まった。

 伊藤さんの地元地区の自主防災組織が高知市沿岸部にある津波避難センターを見学。高知市側の助言者となっ…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです