特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

大舞台実感、いよいよ 松山聖陵、開会式リハーサル /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開会式のリハーサルに臨む松山聖陵の田辺飛雄馬マネジャー(左)と真栄城隆広主将=阪神甲子園球場で、中川祐一撮影 拡大
開会式のリハーサルに臨む松山聖陵の田辺飛雄馬マネジャー(左)と真栄城隆広主将=阪神甲子園球場で、中川祐一撮影

 <センバツ2018>

 23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の開会式を前に、リハーサルが22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。松山聖陵の真栄城隆広主将(3年)とプラカードを持つ田辺飛雄馬マネジャー(同)が臨んだ。

 ベンチ入りの選手がグラウンドでリハーサルをする予定だったが、前日まで降った雨の影響でグラウンドの状態が悪く、主将とプラカードを持つ生徒らだけが参加。2人はグラウンド脇の人工芝を歩き、開会式当日の入場行進の手順などを確認した。他の選手らはスタンドから式の流れを確認した。

 田辺マネジャーは「リハーサルだが緊張した。支えてくれた人のために感謝の気持ちを持って堂々と行進しようとチームで決めている。本番では自分が見本を示したい」と意気込んでいた。

 スタンドから確認した前里祐投手(3年)は「甲子園は改めてすごい場所だと実感した。いよいよ始まりますね」と目を輝かせていた。

 開会式は23日午前9時から行われる。【中川祐一】

次に読みたい

あわせて読みたい