特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

明徳義塾・高知 本番へ、意気込み十分 開会式リハーサル /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ開幕を前に意気込む明徳義塾の選手たち=阪神甲子園球場で、松原由佳撮影 拡大
センバツ開幕を前に意気込む明徳義塾の選手たち=阪神甲子園球場で、松原由佳撮影
センバツ開幕を前に意気込む高知の選手たち=阪神甲子園球場で、松原由佳撮影 拡大
センバツ開幕を前に意気込む高知の選手たち=阪神甲子園球場で、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

 センバツ開幕を控えた22日、県勢の明徳義塾と高知は、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われた開会式リハーサルに臨んだ。グラウンド状況の不良のため、一部変更となったが、各校の主将らは入場行進などを確認し、本番に備えた。また高知は同日付で、島内優成主将(3年)がけがをしたため、主将を中畑隆之介選手(3年)に変更した。

 明徳義塾のプラカードを持つリム・アンダーセン選手(3年)は「緊張したが気持ちよかった。本番も明徳義塾をアピールしたい」。庄野太喜主将(3年)は「いよいよという気持ち。初戦に向けて気持ちを引き締めてやりたい」と意気込んだ。

 高知のプラカードを持つ畠中芳明選手(3年)は「甲子園に立てることがうれしい。他の人の分までしっかり歩きたい」。中畑主将は「島内の分までしっかりやりたい」と話した。【松原由佳】

次に読みたい

あわせて読みたい