子ども寺子屋カフェ

1周年 来月から学習支援増 宗像 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宗像市原町の旧唐津街道沿いにある街道カフェ「暖(ぬあん)」で学習支援と子ども食堂を実施している「子ども寺子屋カフェ」(清水満代表)が活動1周年を迎えた。4月から月2回に活動回数を増やし、学習支援を充実する。

 カフェは、元小学校の教師や大学講師、臨床心理士、元児童相談所職員らでつくる非営利市民団体が昨春から、毎月第3土曜の午後4~7時に開催。北欧の自由な教育を参考にして、毎回約10人の子供たちに大学生ボランティアが勉強を教えるほか人形劇や音楽会、落語など多彩なイベントを一緒に楽しむ。食事は地…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集