特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

開会式リハ 延岡学園「本番楽しみ」 富島「実感湧く」 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開会式リハーサルで入場行進する延岡学園の椿原主将 拡大
開会式リハーサルで入場行進する延岡学園の椿原主将
開会式リハーサルで入場行進する富島の中川主将 拡大
開会式リハーサルで入場行進する富島の中川主将

 <センバツ高校野球>

 23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する富島と延岡学園は22日、阪神甲子園球場で開会式リハーサルに臨んだ。

 この日は前日まで続いた降雨の影響で、グラウンドのコンディションが悪いため、規模を縮小して実施された。延岡学園、富島の順に入場し、延岡学園からは椿原塁主将(3年)が選抜旗を、部員の岩切琳汰郎さん(3年)がプラカードを持ち行進。富島からは中川大輝主将(3年)が選抜旗を、マネジャーの山田紗香さん(3年)がプラカードを持ち、グラウンドの芝の上を歩いた。

 延岡学園の椿原主将は「緊張はまだしていない。中学の時に甲子園には何度も見にきたが、実際にグラウンド内に足を踏み入れると広く感じた。本番は全員で行進できるのが楽しみ」と笑顔。

 最後に入場した富島の中川主将は「昔から来たかった甲子園のグラウンドを踏むことができ、選抜が始まる実感が湧いてきた。36校中最後なので、本番は富島を知ってもらえるような行進をしたい」と話した。【田崎春菜】

次に読みたい

あわせて読みたい