メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

陸自初の統一司令部 全5方面隊束ねる 中国意識、機動力整備

陸上自衛隊と米海兵隊が行った2月の日米共同訓練。水陸機動団の設立に備え、陸自隊員がボートなどによる上陸作戦の要領を確認した(陸上自衛隊提供)

 陸上自衛隊は27日、全国5方面隊を束ねる統一司令部「陸上総隊」や離島防衛のための「水陸機動団」の新設など「創隊以来の大改革」(陸自幹部)とされる組織改編に乗り出す。旧陸軍の暴走への反省などから陸自の統一司令部導入は見送られてきたが、南西諸島防衛のための全国的な部隊運用の必要性が指摘されているためだ。冷戦終結後、人員や戦車などを削減されてきた陸自が、防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」(防衛大綱)の年末改定を見据え、組織を守るために存在感をアピールする狙いも透ける。【前谷宏、秋山信一】

 陸自トップの山崎幸二陸上幕僚長は22日の記者会見で「即応機動する陸上防衛力の骨格となる体制を整備す…

この記事は有料記事です。

残り2375文字(全文2672文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです