メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

国家運営の効率化=西川恵

 <kin-gon>

 中国の習近平国家主席は国家主席の任期制限を撤廃し、ロシアのプーチン大統領は通算4期目入りを決め、強権体制を固めた。民主主義国は大きな挑戦を受けているといっても過言ではない。

 中露の強権体制は独裁と紙一重だが、かつてアフリカなどに見られた指導者とその取り巻きが利権を一手に握って私腹を肥やす独裁とは異なる。習主席、プーチン大統領には「国を強大にする」「国家と民族のかつての栄光を取り戻す」との明確な目標がある。

 この目標を達成するためには国家運営を効率化し、執行力を高める必要がある。その結果としての強権体制と…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「就職氷河期世代」とは

  3. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです