連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ALSどんな病気? 筋肉が動かなくなる ホーキング博士は21歳で診断=回答・須田桃子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 亡くなったスティーブン・ホーキング博士がかかっていたというALSって、どんな病気?

 記者 「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)」といって、全身の筋肉が少しずつ動かせなくなっていく原因不明の難病です。脳からの指令を筋肉に伝える神経細胞「運動ニューロン」が徐々に壊れていき、筋肉を動かせなくなるとともに、筋肉自体もやせ細っていきます。顔や舌(した)、のどなどの筋肉も衰えるので、会話や食事、呼吸をすることも次第に難しくなります。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文833文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集