メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ALSどんな病気? 筋肉が動かなくなる ホーキング博士は21歳で診断=回答・須田桃子

 なるほドリ 亡くなったスティーブン・ホーキング博士がかかっていたというALSって、どんな病気?

 記者 「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)」といって、全身の筋肉が少しずつ動かせなくなっていく原因不明の難病です。脳からの指令を筋肉に伝える神経細胞「運動ニューロン」が徐々に壊れていき、筋肉を動かせなくなるとともに、筋肉自体もやせ細っていきます。顔や舌(した)、のどなどの筋肉も衰えるので、会話や食事、呼吸をすることも次第に難しくなります。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです