メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

9条改憲案 公明「安保法制の否定」 他党賛同、ハードル高く

自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田博之本部長(中央)=同党本部で2018年3月22日午後4時4分、川田雅浩撮影

 自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長は22日、憲法9条第2項(戦力不保持)を維持して自衛隊を明記する案で一任を取り付けた。「必要な自衛の措置をとる」と条文案を修正し、第2項維持派の一本化に成功した。ただ、この方向で条文化すれば、自衛隊の権限や任務の拡大が国会の憲法審査会で論議になるのは確実だ。公明党をはじめ他党の賛同を得るためのハードルはかえって高くなった。【小田中大、田中裕之】

 細田氏は全体会合の冒頭で「過去10時間以上議論し、延べ160人が意見を言った。結論を得られるように…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです