森友学園

国有地売却問題 財務省の決裁文書、公明代表も「改ざん」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党の山口那津男代表は22日の党中央幹事会で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換えや削除を初めて「改ざん」と認めた。「法に触れるような響きがある」という理由で控えていたが、世論の批判に配慮したようだ。

 山口氏は20日の安倍晋三首相との会談について党幹部に説明する中で、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集