メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

新共通テストに民間英語試験 国は立ち止まって再考を=金秀蓮(東京社会部)

英語のリスニング機器が配られる大学入試センター試験の会場=東京都文京区の東京大で1月13日

東大は「使わず」 他大学にも不安

 2020年度に大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストに、英語の民間資格・検定試験が導入される。その活用法を巡り、公平性が確保できないと懸念する東京大学が10日、「合否判定に使わない」と表明した。民間試験導入には課題がたくさんあるのに、解決されないまま進められることへの焦りが表に出た形だ。多くの大学が同じ不安を抱く中、東大が投じた一石に、文部科学省は真摯(しんし)に向き合うべきだ。

 文科省が民間試験導入の方針案を公表した昨年5月以来、高校、大学の英語教員やテストの専門家に取材して…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2090文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです