メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱まで1年 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)、遠藤乾・北海道大教授(国際政治学)の話

安保、再構築に課題 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)

 今後、英国の離脱が現実化すると、EUと英国で安全保障上の役割分担や協力関係をどうするかという議論がポイントになる。北大西洋条約機構(NATO)で欧州が占める役割のうち、英国のプレゼンス(存在感)は大きい。EUの核であるドイツ、フランスにとって英国の政治・経済上離脱は受容できるが、安全保障上で果たす役割は無視できない。米国やロシアとの関係など情勢は不安定化しており、どう関係を再構築するかは微妙な問題だ。

 28加盟国では多すぎて意思決定できず、09年のユーロ危機や16年の難民危機が深刻化したとの反省が欧…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです