メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱まで1年 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)、遠藤乾・北海道大教授(国際政治学)の話

安保、再構築に課題 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)

 今後、英国の離脱が現実化すると、EUと英国で安全保障上の役割分担や協力関係をどうするかという議論がポイントになる。北大西洋条約機構(NATO)で欧州が占める役割のうち、英国のプレゼンス(存在感)は大きい。EUの核であるドイツ、フランスにとって英国の政治・経済上離脱は受容できるが、安全保障上で果たす役割は無視できない。米国やロシアとの関係など情勢は不安定化しており、どう関係を再構築するかは微妙な問題だ。

 28加盟国では多すぎて意思決定できず、09年のユーロ危機や16年の難民危機が深刻化したとの反省が欧…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです