メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第3部 挑戦者の素顔/中 「もの作り」の発想活用 元官僚、日々改善重ね

ジーンズ姿でエンジニアと話すウェルスナビの柴山和久CEO。大切なのは「もの作り」の精神だと心に刻んでいる=東京都渋谷区で8日、岡大介撮影

 「そんな格好ではエンジニアはついてこないですよ」。起業準備中だった柴山和久(40)は、助言を求めて会ったベンチャー企業の技術担当者からこう言われて戸惑った。「スーツはジーンズの敵です」。お堅いスーツ姿の柴山を心配してくれているようだった。すぐにジーンズを買いに走った。

 コンピューターが自動で投資助言や運用をするロボットアドバイザー会社「ウェルスナビ」(東京都渋谷区)を2015年4月に創業しCEO(最高経営責任者)を務める柴山は、財務省キャリア官僚からの転身組だ。00年、東大法学部を卒業し入省。仕事は面白かったが、米ハーバード大留学時に出会った米国出身の妻が、霞が関特有の長時間労働を嫌がったため、09年に退職。翌年にコンサルティングのマッキンゼー・アンド・カンパニーに転職した。機関投資家の資産運用支援に携わるうち、「ノウハウを個人の資産運用に応用できないか」と起業を思い立った。

 しかし起業に先立ち、一緒に働いてもらいたいエンジニアに事業を説明しても、「応援します」と言われるだけで仲間になってくれない。やむを得ずプログラミングを学び、自らサービスの試作品を作ってみて初めて気付いた。「必要だったのは、試行錯誤を重ね日々改善する『もの作り』の発想だ」。それは過去の政策の過ちを認めたがらない霞が関にはない考え方だった。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです