メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

林振江さん=日中の懸け橋作りに奔走する在北京の日本人学者

林振江さん

 日中関係を何とかしたい。北京在住30年の自分だからこそ何かできることがあるのではないか。 そんな問題意識から、昨年9月に中国人研究者との共著で「李徳全 日中国交正常化の『黄金のクサビ』を打ち込んだ中国人女性」(日本僑報社、石川好監修)という本を日中同時出版した。

 李徳全とは、1954年に来日、まだ大陸に残っていた日本人BC級戦犯約1000人の名簿を日本赤十字社に届け、彼らの帰国実現のきっかけを作った新中国の高名な女性社会活動家だ。李氏の存在を改めて浮かび上がらせ、両国の新たなかすがいにしたい、というのが狙いだった。苦心したのは日中合作…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです