メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 宇野SP5位 チェンが首位

男子SPで5位となった宇野=ロイター

 【ミラノ共同】第2日は22日、ミラノで行われ、男子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は94・26点で5位につけた。ネーサン・チェン(米国)が101・94点でトップに立った。

 ミハイル・コリャダ(ロシア)が100・08点で2位、ビンセント・ゾウ(米国)が96・78点で3位、金博洋(中国)が95・85点で4位。初出場の友野一希(同大)は82・61点で11位、平昌五輪代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は80・17点で14位と出遅れた。

 さいたま市で行われる来年の世界選手権の出場枠が懸かる重要な一戦。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は右…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです