東日本大震災

福島第1原発事故 原発避難訴訟 東電に6.1億円賠償命令 「ふるさと喪失」認定 地裁いわき支部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ふるさと喪失慰謝料」を巡る司法判断
「ふるさと喪失慰謝料」を巡る司法判断

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た地域の住民ら216人が東電に約133億円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決で、福島地裁いわき支部(島村典男裁判長)は22日、213人に計約6億1240万円の支払いを命じた。避難指示が解かれた地域を含め「ふるさと喪失」の慰謝料を認めたが、東電が支払い済みの金額から大きな上積みはなかった。【尾崎修二、宮崎稔樹】

 全国に約30ある原発事故を巡る集団訴訟で7件目の判決。いずれも東電に対して賠償の上積みが命じられた。

この記事は有料記事です。

残り1334文字(全文1559文字)

あわせて読みたい

注目の特集