メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

童話作家・茂市さん、児童向け3.11「実話」刊行 立ち上がる強さ、優しさ

「今日よりは明日はきっと良くなると」を刊行した童話作家の茂市久美子さん=東京都内で、反橋希美撮影

 「魔女バジル」や「つるばら村」シリーズなどで知られる童話作家の茂市(もいち)久美子さん(66)が、初の児童向けノンフィクション「今日よりは明日はきっと良くなると」(講談社)を刊行した。東日本大震災で息子を失い、夫にも先立たれた岩手県大槌町の女性と愛犬の日々をつづった。自身も岩手出身の茂市さんは「1000年に一度といわれる大災害から立ち上がってゆく人の強さを知ってほしい」と語る。【反橋希美】

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです