メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ワシントンは意地悪な町…ティラーソン氏最後の演説

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領から解任され、今月末に退任するティラーソン国務長官が22日、職員を前に演説した。就任以来、ともに働いた同僚に対する謝意を繰り返したが、トランプ氏に対する感謝の言葉は無かった。北朝鮮やイラン核問題など主要外交課題で対立を繰り返した揚げ句、ツイッターで解任を通知されたことに強いわだかまりがあることをにじませた。

     ティラーソン氏は、演説で「この町(ワシントン)は、とても意地悪な町かもしれないが、好き好んでその一員にならなくてもいい」と話し、政権幹部への不満や批判を表明するトランプ氏などを間接的に批判、職員らからも、笑い声と拍手が起きた。

     トランプ氏はティラーソン氏の後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を指名。この日、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任にボルトン元国連大使の登用を決めるなど、北朝鮮、イラン強硬派を中心とした布陣とする。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
    3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
    4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
    5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです