メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋高裁

元名大生、2審も無期 精神障害影響認めず

女子学生が1人で住んでいた現場のアパート付近を調べる捜査員=名古屋市昭和区で2015年1月27日、大竹禎之撮影

 大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子(ともこ)さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(22)=事件当時16~19歳=の控訴審判決で、名古屋高裁(高橋徹裁判長)は23日、無期懲役とした裁判員裁判の1審・名古屋地裁判決を支持し、元学生側の控訴を棄却した。

 控訴審も1審に続き、元学生の責任能力が最大の争点になった。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです