名古屋高裁

元名大生、2審も無期 精神障害影響認めず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子学生が1人で住んでいた現場のアパート付近を調べる捜査員=名古屋市昭和区で2015年1月27日、大竹禎之撮影
女子学生が1人で住んでいた現場のアパート付近を調べる捜査員=名古屋市昭和区で2015年1月27日、大竹禎之撮影

 大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子(ともこ)さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(22)=事件当時16~19歳=の控訴審判決で、名古屋高裁(高橋徹裁判長)は23日、無期懲役とした裁判員裁判の1審・名古屋地裁判決を支持し、元学生側の控訴を棄却した。

 控訴審も1審に続き、元学生の責任能力が最大の争点になった。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文788文字)

あわせて読みたい

注目の特集