米国

対中制裁発動へ 「貿易戦争」引き金の懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

100品目超に高関税か 鉄鋼・アルミ製品の輸入制限も

 【ブエノスアイレス清水憲司、ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は22日、中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転の強要に対抗して、広範囲の中国製品に高関税を課す制裁措置を決定する。米政府は23日から、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限も実施する予定。米中をはじめ世界的な「貿易戦争」の引き金になるとの懸念が一段と高まっている。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏が22日午後、大統領令に署名する。米メディアによると、高関税の対象品目は100以上に上り、年300億~600億ドル(約3.2兆~6.4兆円)規模になる見通し。中国からの輸入が多い電子・通信機器のほか、家具や玩具など広い範囲に及ぶとみられる。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1011文字)

あわせて読みたい

注目の特集