内閣府

「量子コンピューター」と呼ばず 異論相次ぎ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立情報学研究所などが「量子コンピューター」と発表した計算装置=NTT提供
国立情報学研究所などが「量子コンピューター」と発表した計算装置=NTT提供

 「世界最大規模の量子コンピューター」のキャッチフレーズでNTTや国立情報学研究所(NII)などが公表した計算装置について、プロジェクトを実施した内閣府は22日、当面はこの装置を「量子コンピューター」とは呼ばないことを決めた。公表後、チーム内部も含めた専門家から「量子コンピューターとは言えない」と異論が相次ぎ、混乱を招いていた。

 量子コンピューターは、現在のスーパーコンピューターをはるかに上回る計算能力を持つと期待される。問題の計算装置は内閣府の大型研究開発プロジェクト「革新的研究開発推進プログラム(通称インパクト)」の一環で、山本喜久・NII名誉教授が主導して開発した。2000個の光子を相互作用させて計算するのが特徴だが、一部に汎用(はんよう)の集積回路を使っている。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文704文字)

あわせて読みたい

注目の特集