メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

群馬県、新たに19人分の資料

 群馬県は22日、障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)に基づき実施された手術に関し、県内の保健福祉事務所を緊急調査した結果、新たに19人分の資料が見つかったと発表した。

 これまで確認できていた6人分と合わせ25人分となった。旧厚生省の衛生年報などの記載では群馬県は21件となっており、県の担当者は「資料の中…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです