石綿訴訟

大阪高裁が初の和解勧告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み健康被害を受けたとして、大阪や兵庫などの元建設労働者や遺族ら計33人が、国と建材メーカー22社に計6億9300万円の損害賠償を求めた訴訟が22日、大阪高裁で結審し、江口とし子裁判長は、和解を勧告した。全国で争われている同種訴訟で、裁判所からの和解勧告は初めて。

 1審・大阪地裁判決は、規制に遅れがあっ…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集