メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

記載カルテ発見、愛知県で初

 旧優生保護法下で障害者らに強制不妊手術が行われた問題で、愛知県は22日、県精神医療センター(旧県立城山病院、名古屋市千種区)で女性患者に不妊手術をしたとの記載のあるカルテが見つかったことを公表した。県内での発見は初めて。

 カルテで手術の実施が裏付けられ、補償など被害者救済に役立つと期待される。これまでに見つかった県の公文書は、審議会による手術の適否判断までしか記されておらず、実際に手術をしたこと…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 患者の少女にキス 医師を強制わいせつ容疑で逮捕 警視庁

  2. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  3. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  4. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです