メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

元祖専業落語作家・小佐田定雄さんとのトーク拡大版

昔の落語会の案内はがきを見ながら思い出を語り合う桂南光さん(左)と落語作家の小佐田定雄さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2018年2月27日、菅知美撮影

 桂南光さんと落語作家の小佐田定雄さんとは、小佐田さんが南光さんの師匠・桂枝雀さんの専属落語作家としてデビューして以来の長い付き合い。しかし、意外にも2人きりでじっくり話すのは今回が初めてとのことで、小佐田さんの創作のコツから枝雀さんの思い出まで、話題は多岐にわたりました。

予定外のデビュー

桂南光 小佐田さんは、うちの師匠の「小米の会」(小米は枝雀さんの前名)にずっと来てくれてはって、顔と名前は知ってたんです。

小佐田定雄 学生時代は昼ご飯代を浮かして「小米の会」へ行ってましてん。今ほど落語会ない時代やのに、年…

この記事は有料記事です。

残り3642文字(全文3898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです