メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

元祖専業落語作家・小佐田定雄さんとのトーク拡大版

昔の落語会の案内はがきを見ながら思い出を語り合う桂南光さん(左)と落語作家の小佐田定雄さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2018年2月27日、菅知美撮影

 桂南光さんと落語作家の小佐田定雄さんとは、小佐田さんが南光さんの師匠・桂枝雀さんの専属落語作家としてデビューして以来の長い付き合い。しかし、意外にも2人きりでじっくり話すのは今回が初めてとのことで、小佐田さんの創作のコツから枝雀さんの思い出まで、話題は多岐にわたりました。

予定外のデビュー

桂南光 小佐田さんは、うちの師匠の「小米の会」(小米は枝雀さんの前名)にずっと来てくれてはって、顔と名前は知ってたんです。

小佐田定雄 学生時代は昼ご飯代を浮かして「小米の会」へ行ってましてん。今ほど落語会ない時代やのに、年…

この記事は有料記事です。

残り3642文字(全文3898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです