メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ハワイ発「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」ブランドの商標共同保有について(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

ライトニングボルト ロゴ

2018年3月23日

ヤマト インターナショナル株式会社

ハワイ発「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」ブランドの商標共同保有について

 このたび、ヤマト インターナショナル株式会社(本社:大阪市中央区、東京都大田区、取締役社長:盤若智基/東証1部:コード番号8127、以下「ヤマト インターナショナル」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)とハワイ発カジュアルサーフブランド「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」の日本国内における商標権を共同保有し、当ブランドの更なる発展に向け協業を開始することにいたしました。

 「ライトニングボルト」ブランドは1960年代にハワイで誕生したサーフブランドです。伝説のサーファー、ジェリー・ロペスと仲間たちが「イナズマ」のシンボルマークを付けたサーフボードを使い始め、サーフボードの製造・販売を始めたのがきっかけと言われています。1971年にはノースショアでのジェリー・ロペスの華麗なサーフと共に鮮烈な世界デビューを飾り、瞬く間に世界中のサーファー達の間で伝説のスーパーブランドとして広まりました。更に、1978年に出演したハリウッド映画 「BIG WEDNESDAY(ビッグウェンズデー)」が大ヒットしたことによって、その人気は不動のものとなりました。

 伊藤忠商事は、2008年に「ライトニングボルト」ブランドのマスターライセンス権を取得して以来、メンズカジュアルウェアを中心に展開を拡大してきました。一方、ヤマト インターナショナルは、「ハードからソフトへの変革」を掲げ、未来に通用するブランディング型ビジネスの確立を推進しています。こうした中、日本国内において「ライトニングボルト」ブランドの展開拡大を目指す伊藤忠商事と、新たなブランドの商標権取得により、ブランディング型ビジネスの更なる拡大を目指すヤマト インターナショナルとの戦略が合致したことから、協業を開始する運びとなりました。

 また2020年に開催される東京オリンピックにおいて、サーフィンやスケートボードが新たに正式種目となり、既に冬季オリンピックで正式種目のスノーボードも合わせた3S(スリーエス)と呼ばれるアクションスポーツから広がるムーヴメントを背景に、このようなジャンルのファッションや関連アイテムの需要拡大が期待されます。

 今後は両社のブランドビジネスにおける経験とノウハウを活用しながら、国内セレクトショップや専門店を通じてライセンスビジネスを共同で展開し、「ライトニングボルト」ブランドの価値向上と事業拡大を目指してまいります。
                【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201803192112-O1-n7joumVs


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです