メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

14人は子どもたちの心に 閖上中慰霊碑、一貫校に移転 宮城・名取

移設のためつり上げられる慰霊碑=宮城県名取市で24日午前9時9分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災で犠牲になった宮城県名取市立閖上(ゆりあげ)中学校の生徒14人の名前を刻んだ慰霊碑の移設作業が24日、始まった。現在設置されている同市閖上地区にあるプレハブ小屋の資料館「閖上の記憶」脇から、今春開校する小中一貫校の閖上小中学校の敷地に26日に移設される。震災から7年を経て、新たな場所で子どもたちに命の大切さと震災の記憶を伝え続ける。

 慰霊碑は高さ約1・1メートルの御影(みかげ)石製。遺族が「子どもたちの生きた証しを残したい」と願い…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです