落語会

女流のみ、11人で4時間半 春風亭ぴっかり、来月大阪で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ぴっかり☆春一番2018」大阪公演に出演する(手前から時計回りに)春風亭ぴっかり、露の陽照、桂ぽんぽ娘、月亭八織=大阪市中央区で、山田夢留撮影
「ぴっかり☆春一番2018」大阪公演に出演する(手前から時計回りに)春風亭ぴっかり、露の陽照、桂ぽんぽ娘、月亭八織=大阪市中央区で、山田夢留撮影

 東京の若手人気落語家、春風亭ぴっかりが4月7日、上方の女性落語家を招いて女性ばかり11人による落語会「ぴっかり☆春一番2018~ぴっかり☆とゆかいな仲間たち」を開催する。当日は全員が落語を披露し、公演時間は4時間半を予定。ぴっかりは「女流ということで“色もの”扱いされることもあるけど、この会は女流ばかりなので全員がメイン。男女関係なく落語家として聴きに来てもらえたら」と話す。

 ぴっかりは2006年、春風亭小朝に入門。昨年、東京で同期と後輩を誘い開いた女性落語家限定の公演が好評を博し、今年は東京(4月8日)と大阪で開催することになった。大阪公演に出演するのは桂ぽんぽ娘(こ)、露の眞(まこと)、露の紫、月亭天使、桂鞠輔、桂二葉(によう)、露の瑞(みずほ)、笑福亭縁(ゆかり)、月亭八織(はおり)、露の陽照(あきら)。同期にあたるぽんぽ娘は「お酒の席で、飲んだ勢いで言うのは簡…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文509文字)

あわせて読みたい

ニュース特集