種子法廃止で独自要綱制定へ 品種認定など /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 規制緩和推進のため、政府が米などの種子の生産や普及を都道府県に義務づけた主要農作物種子法(種子法)を4月1日に廃止するのに合わせ、道は優良品種認定や種子生産継続の独自の要綱・要領を近く策定する方針を決めた。

 種子法は米、麦、大豆の生産や普及を定める。その廃止について、道内の農家や消費者団体の間では、種子価格の高騰や海外の遺伝子組み換え作物の流入などへの懸…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集