メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

語り部団体 存続模索 「将来の命守る」思い共有 /宮城

 東日本大震災の風化を背景に、教訓を伝える語り部団体の多くが存続を危ぶんでいる。一部自治体は危機感を強め、対策を検討。横のつながりが希薄だった団体同士が「将来の命を守りたい」との思いを共有し、活動資金の確保などで連携する動きも出てきた。

人材確保難しく

 岩手県陸前高田市の釘子明さん(59)は津波で自宅が流され、同級生6人を亡くした。「自分のような思いをしてほしくない」と、2013年から語り部を始め、防災の重要性を訴えてきた。

 しかし参加者数は、14年度の約1万3000人から、17年度(昨年12月末時点)には約2000人に減…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです