メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

語り部団体 存続模索 「将来の命守る」思い共有 /宮城

 東日本大震災の風化を背景に、教訓を伝える語り部団体の多くが存続を危ぶんでいる。一部自治体は危機感を強め、対策を検討。横のつながりが希薄だった団体同士が「将来の命を守りたい」との思いを共有し、活動資金の確保などで連携する動きも出てきた。

人材確保難しく

 岩手県陸前高田市の釘子明さん(59)は津波で自宅が流され、同級生6人を亡くした。「自分のような思いをしてほしくない」と、2013年から語り部を始め、防災の重要性を訴えてきた。

 しかし参加者数は、14年度の約1万3000人から、17年度(昨年12月末時点)には約2000人に減…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです