メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

規制無効の道路、誤って4人検挙し謝罪 津島 /愛知

 県警は23日、津島市昭和町の市道交差点で、道路標識が正しく設置されていなかったことが原因で4件の誤った検挙があったと発表した。1~2月、横断歩道の歩行者に対する妨害の疑いで車を運転していた30~60代の4人を検挙したが、交差点の南側にあるべき標識が北側に位置していたため、規制に効力がなかったという。県警は当事者に謝罪し、反則金を還付した。

     県警交通規制課によると、現場は信号機のない交差点。2月27日、別の取り締まりで道路の略図を確認していた津島署員が、標識の場所に気づいた。横断歩道の位置が再塗装時に移動した可能性もあるが、資料が残っておらず、経緯は不明という。【山口朋辰】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
    5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]