県教委

県外越境入学を承認 来春から17高校で /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県教育委員会は23日の定例会で、入試制度を変更して来年4月から、県立高校17校で県外からの「越境入学」を認めることを承認した。対象は最大で計161人。生徒の安全を確保するため、日常生活を見守る「保証人」を確保することを条件としている。

 県教委は有識者による入試制度検討会で、スポーツの強化校、生徒減少が進む小規模校、特色ある学科・コースを持つ高校の計25校を越境入学の候補校に選んだ。

 うち8校は「地域の生徒の育成を優先させたい」などとして導入を見送り、17校が受け入れを決めた。このうち白子と尾鷲の2校は「スポーツ」「学科・コース」の双方で受け入れることにした。【井口慎太郎】

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文650文字)

あわせて読みたい

ニュース特集