京都芸術花火

音楽と花火1万3000発 京都競馬場で5月30日 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市伏見区の京都競馬場で5月30日夜、花火約1万3000発を音楽をバックに打ち上げる「京都芸術花火2018」が開かれる。市内での大規模な花火大会は05年に競馬場で開催されて以来。文化庁の京都移転決定も祝い、直径約300メートルの大花火「尺玉」や「芸術玉」など、さまざまな光と音の芸術の世界を繰り広げる。

 数年前から札幌市や名古屋市など各地で芸術花火イベントを展開している会社が市や市観光協会、京都商工会議所などに呼びかけ実行委員会を構成し、関西地区では初めて開催する。全国10社前後の花火業者が演出に参加。競馬場の広大なスペースを生かした美しく感動の広がる花火を目指し、実行委員会は「毎年の名物行事にしていけたら」と話している。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集