メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害協定

ペット同行避難受け入れ 宝塚市、2ゴルフ場と締結 /兵庫

ペット同伴の避難受け入れに関する協定を締結した兵庫県宝塚市内の旭国際宝塚カンツリー倶楽部の内町一三支配人(右)、中川智子市長(中央)、宝塚高原ゴルフクラブの矢野浩臣社長(左)=同市役所で、石川勝義撮影

 宝塚市と市内の2ゴルフ場が23日、災害時にペット同伴での避難を受け入れる協定を締結した。ペットとの「同行避難」のガイドラインを作成した環境省や公益社団法人・日本動物福祉協会(東京都)によると、同様の協定は聞いたことがないという。

 協定を結んだのは、「宝塚高原ゴルフクラブ」(矢野浩臣社長)と「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」(内町一三支配人)。

 それぞれ約200人の飼い主をペットと共に約1カ月受け入れることが可能で、食事や水、浴場を提供する。自身も愛犬家という矢野社長は「クラブハウスには調理室や浄水施設、発電設備があり、床もカーペットで優れた避難所になる」と話した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです