県議会

橿原へ県庁移転を 決議案可決し閉会 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県議会2月定例会最終日の23日、橿原市周辺への県庁移転を求める決議案が議員提案され、賛成多数で可決された。県中・南部選出の県議を中心に、奈良や生駒、大和郡山市を地盤とする県議の一部も賛同した。荒井正吾知事は取材に、「ノーコメント。決議は尊重し、今後の県政運営の参考にする」と述べるにとどめた。

 県議会事務局によると、同様の決議は初。…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文372文字)

あわせて読みたい

注目の特集