「日本刀の世界」展

南北朝期の名刀も 都城歴史資料館、来月22日まで /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
南北朝期の古名刀など42点が並ぶ
南北朝期の古名刀など42点が並ぶ

 企画展「日本刀の世界~後世に伝えたい技と美」が、都城市都島町の都城歴史資料館で開かれている。都城の刀工製作を含む室町~昭和期の刀や短刀、装具品など42点を展示。4月22日まで。

 日本刀は時代や流派によって特徴があり、世界から「鉄の芸術」と評される。都城にもかつて名工がおり、郷土への認識を深める機会…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集