メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

鉄鋼輸入制限・追加関税 中国と全面対決

 【ブエノスアイレス清水憲司、北京・赤間清広】米トランプ政権は23日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動した。直前の22日には中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転強要に対抗し中国製品に制裁措置を課す大統領令にも署名、強硬な通商政策を相次ぎ実行に移した。

 狙い撃ちされた中国は対抗措置として米国製品の課税リストを示すなど対決姿勢が鮮明で「米中貿易戦争」の様相だ。世界1、2位の経済大国の対立に世界は震え、各国株式市場は大幅下落した。

 輸入制限は米通商拡大法232条に基づく措置で、鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課す。中国の過剰生産で格安製品が流れ込み、国内産業の衰退が「国家安全保障上の脅威になる」と判断、1982年以来、36年ぶりに同法に基づく輸入制限に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  2. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  3. 中日3連勝 アルモンテの2ラン 平田適時打 勝野が2勝目

  4. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです