米国

鉄鋼輸入制限・追加関税 中国と全面対決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブエノスアイレス清水憲司、北京・赤間清広】米トランプ政権は23日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動した。直前の22日には中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転強要に対抗し中国製品に制裁措置を課す大統領令にも署名、強硬な通商政策を相次ぎ実行に移した。

 狙い撃ちされた中国は対抗措置として米国製品の課税リストを示すなど対決姿勢が鮮明で「米中貿易戦争」の様相だ。世界1、2位の経済大国の対立に世界は震え、各国株式市場は大幅下落した。

 輸入制限は米通商拡大法232条に基づく措置で、鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課す。中国の過剰生産で格安製品が流れ込み、国内産業の衰退が「国家安全保障上の脅威になる」と判断、1982年以来、36年ぶりに同法に基づく輸入制限に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1097文字)

あわせて読みたい

注目の特集