メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

補佐官更迭 相次ぐ高官交代、日本政府も困惑

 日本政府は、マクマスター氏が更迭されたことを受け、北朝鮮対応などに影響が及ばないか注視する方針だ。安倍晋三首相は4月初旬にも訪米してトランプ大統領と会談する予定。その直前に米高官が相次いで交代する異例の事態には「不安になる」(防衛省幹部)と困惑がのぞいた。

 米政権は13日にティラーソン国務長官を解任し、後任のポンペオ米中央情報局(CIA)長官はまだ正式に就任して…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです