メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱 国論二分、土壇場で残留可能性も

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)首脳が英国離脱後の移行期間で23日に正式合意し離脱交渉は大詰めに入った。安堵(あんど)感も漂うが、英領北アイルランドの国境の扱いなど先送りした問題や離脱条件の詰めなど、問題は山積している。英国では国論が二分されており、土壇場で離脱が無くなる可能性も残る。

 「困難な交渉の中で非常に重要な一歩だ」。EUのバルニエ首席交渉官は23日、記者団に移行期間での合意の意義を強調した。北アイルランドの問題は次回6月のEU首脳会議での決着を目指す。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです