メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
リコー

最終赤字1700億円 米で印刷需要減 3月期見通し

過去最大の最終赤字に「社員と株主に申し訳ない」と語るリコーの山下良則社長=東京都千代田区で2018年3月23日午後4時3分、古屋敷尚子撮影

 リコーは23日、北米の販売子会社の事業の価値などを低く見直すなど計1800億円の減損処理を実施すると発表した。米国の販売不振などにより、予想した収益が見込めなくなったためだ。本業のもうけを示す2018年3月期の連結営業損益は、200億円の黒字予想から過去最大の1600億円の赤字(前期は338億円の黒字)となる見通し。【竹地広憲、古屋敷尚子】

 この日、東京都内で記者会見した山下良則社長は「こんなに早くプリンティング(印刷)事業の価値が落ち込…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文860文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです