メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

鉄鋼輸入制限 貿易戦争巻き添え警戒 日本メーカー対応追われ

日本の米国向け鉄鋼輸出の内訳

 米トランプ政権が23日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動したが、日本の大手鉄鋼・アルミメーカーは今後の米国との交渉で関税が適用除外となることを期待している。日本から輸出する鉄鋼・アルミ製品は米国メーカーが生産しにくい高付加価値製品が多く、「米国の国家安全保障上の脅威にはなっていない」とみているためだ。しかし、今後の進展しだいでは米国発の「貿易戦争」に巻き込まれる可能性もあり、警戒を強めている。【川口雅浩】

 「米国の取引先に対し、必要に応じて関税の適用除外を米国政府に申請してもらえるようお願いしている」(新日鉄住金)。米通商拡大法232条に基づく輸入制限の発動を受け、日本の大手鉄鋼メーカーは23日、情報収集や今後の対応に追われた。

この記事は有料記事です。

残り1285文字(全文1607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです