メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・中河原遺跡

弥生土器に建物5棟 同じ構造、くっきりと 豊作祈る祭儀場か

5棟の高床建物が描かれた土器(写真を加工し、白い線で絵を強調している)=大阪府茨木市教委提供

 大阪府茨木市教委は23日、切り妻屋根の高床建物5棟が描かれた弥生時代中期後半(約2000年前)の土器が、中河原遺跡から出土したと発表した。5棟以上の建物が描かれた弥生土器は全国3例目だが、切り妻屋根の建物ばかりの土器は初めて。絵は豊作を祈る祭祀(さいし)の場を表しているとみられ、市教委は「当時の人々の精神世界を知る上で貴重な発見」としている。

 市教委が2016年から発掘し、9点の土器片を見つけた。接合後の大きさは縦21・5センチ、横25・5センチ。確認された大小5棟の建物はいずれも同じ構造で、V字形の棟飾りを持つ屋根の下に3本の長い柱が描かれていた。中央に配置された建物だけが小さく、左右に張り出した棟を支える柱や、はしごがかけられた建物もあった。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです