メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀・玄海原発

3号機、7年ぶり再稼働

 九州電力は23日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の原子炉を起動し再稼働した。同日午後11時10分に核分裂反応が安定する「臨界」に達した。2010年12月に定期検査で運転停止して以来約7年3カ月ぶりの稼働となり、東京電力福島第1原発事故後の新規制基準での再稼働は全国で7基目、九電としては川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続き3基目。玄海3、4号機の使用済み核燃料プールは空き容量が逼迫(ひっぱく)しており、今後の対応が課題だ。

 運転員が23日午前11時、玄海原発の中央制御室で3号機の原子炉内の核分裂反応を抑える制御棒を遠隔操作で引き抜いて原子炉を起動させた。瓜生(うりう)道明社長は「国の検査に真摯(しんし)に取り組むとともに安全確保を最優先に慎重に進める」とのコメントを発表した。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです