メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme プロ練習に新囲碁AI 個人で開発、日本棋院導入

本木克弥八段(左)との対局後、パソコンを見ながら感想を述べる山口祐さん=東京・市ケ谷の日本棋院で

 日本棋院のネット対局「幽玄の間」に先月21日、新しい囲碁AI(人工知能)「AQ」が導入された。国産では、昨年3月に井山裕太7冠(28)にも勝利するなどした「DeepZenGo」に次ぐ実力のAIとして、プロ棋士の練習相手となっていて、対棋士420勝23敗(今月19日現在)という戦績を収めている。「AQ」は、団体職員の山口祐さん(31)が独力で作り、オープンソース(無償公開し、誰でも自由に利用できるようにしたソフト)にしているのが特徴だ。山口さんは「棋譜の解析などにも活用され、棋士やファンが使いやすいソフトの開発が進めば」と言う。

 先月20日には導入を記念して、AQと張豊猷八段(36)主宰の「今研究会」に参加する芝野虎丸七段(1…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです