メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 三味線栗毛(東京・大手町)

春風亭一之輔さん。中央奥は大手門=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影

骨相に そんたくなし

 お殿様が出てくる落語は少なくないが、実在した姫路藩主の酒井雅楽頭(うたのかみ)の名前で登場するのが落語「三味線栗毛」。その雅楽頭の屋敷があった東京・大手町かいわいを、春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 大名の酒井雅楽頭の次男角三郎は親に疎まれ、大塚の下屋敷に家臣と気ままな暮らし。ある日、ひいきにしていた按摩(あんま)の錦木(にしきぎ)に「大名になる骨相」だと言われ、「自分がもし大名になったら(盲人の最高位である)検校(けんぎょう)にしてやる」と約束をする。錦木が風邪をこじらせて伏せっている間に事態は変わり……。

 元は講釈とされる。「錦木と角三郎って、どっちもはぐれ者だったんで気が合ったんでしょう。按摩って心を…

この記事は有料記事です。

残り2027文字(全文2344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです