連載

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

毎日新聞デジタルの「春風亭一之輔のぶらっと落語歩き」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 三味線栗毛(東京・大手町)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
春風亭一之輔さん。中央奥は大手門=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影
春風亭一之輔さん。中央奥は大手門=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影

骨相に そんたくなし

 お殿様が出てくる落語は少なくないが、実在した姫路藩主の酒井雅楽頭(うたのかみ)の名前で登場するのが落語「三味線栗毛」。その雅楽頭の屋敷があった東京・大手町かいわいを、春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 大名の酒井雅楽頭の次男角三郎は親に疎まれ、大塚の下屋敷に家臣と気ままな暮らし。ある日、ひいきにしていた按摩(あんま)の錦木(にしきぎ)に「大名になる骨相」だと言われ、「自分がもし大名になったら(盲人の最高位である)検校(けんぎょう)にしてやる」と約束をする。錦木が風邪をこじらせて伏せっている間に事態は変わり……。

 元は講釈とされる。「錦木と角三郎って、どっちもはぐれ者だったんで気が合ったんでしょう。按摩って心を許すポジションなんでしょうね。『心眼』や『麻のれん』『按摩の炬燵(こたつ)』もそうですけど、按摩さんの出てくる噺(はなし)は好きです。味わい深い噺が多いですよね。『直侍(なおざむらい)』とか芝居でもちょっとした味付けで出てきます」

この記事は有料記事です。

残り1912文字(全文2344文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集