特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

国学院栃木3-2英明 国学院栃木、要所締め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

第1日(23日・阪神甲子園球場)

 ○…1回戦…○

 ▽午後1時2分開始(観衆1万9000人)

国学院栃木(栃木)

  102000000=3

  000200000=2

英明(香川)


 序盤で3点リードを奪った国学院栃木が逃げ切った。一回に失策絡みで1点先制し、三回は2死一、二塁、毛塚の中堅右への適時三塁打で2点を加えた。投手陣は渡辺と宮が制球力を生かして要所を締めた。英明は四回1死満塁から押し出し四球と中川の投手強襲適時内野安打で2点を返したが、2番手以降を攻略できなかった。

3本柱2番手、冷静に

【国学院栃木-英明】国学院栃木2番手で登板し好投した渡辺=阪神甲子園球場で2018年3月23日、平川義之撮影
【国学院栃木-英明】国学院栃木2番手で登板し好投した渡辺=阪神甲子園球場で2018年3月23日、平川義之撮影

 3投手が3回ずつ投げ切るのが国学院栃木の必勝パターンだが、先発の水沢は「もう1イニングいけそう」と四回もマウンドへ。しかし1死満塁のピンチを招き、押し出しで失点。さらに打球を右脇腹に受けて2点目も失った。このアクシデントで水沢は降板。リードが1点となった場面で左腕・渡辺がマウンドに向かった。

 柄目監督が「回の途中から登板させたことがない」という渡辺だが、経験のない状況でも冷静だった。打席の1番・加藤は「体の開きが早い」と1-1から最も自信のある外角スライダーを引っかけさせて二ゴロ併殺打に仕留め、わずか3球でピンチを切り抜けた。球速はないものの緩急で翻弄(ほんろう)し、六回まで1安打無失点で流れを引き寄せる。最後は左腕の宮が予定通りに3回を2安打無失点でしのいだ。

 継投の順は水沢、渡辺、宮と決まっている。新チームになり、大黒柱を作ろうとしていたが、3人が同じように成長したため、分業制を確立した。水沢は前日から試合に合わせて準備する真面目な性格で、渡辺はどんな場面も柔軟に対応できる力があり、宮は強気。「一人が悪くても他でカバーして勝てるので慌てない」とさらりと言う渡辺。継投のタイミングがわずかにずれても、結束は崩れなかった。【浅妻博之】

大抜てき三塁打

 ○…国学院栃木は背番号17の毛塚の一振りが貴重な追加点を呼び込んだ。三回2死一、二塁から甘く入った低めの球をすくい上げて中堅右を破り、走者2人を還して自らも三塁を陥れた。「背番号1桁の気持ち。控えだとは思っていない」と胸を張った。昨秋の関東大会は先発出場がなかったが、打撃が好調で、この日の先発の座をつかんだ。

 緊張から二回には右翼守備で捕球にてこずる場面もあったが、それで吹っ切れたという。5番抜てきに応える一打を放ち、「自信になる」と声を弾ませた。

立ち直ったエース 黒河竜司投手=英明・2年

【国学院栃木-英明】三回表国学院栃木2死一、二塁、毛塚に右中間2点三塁打を許し、打球の行方を見る黒河=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影
【国学院栃木-英明】三回表国学院栃木2死一、二塁、毛塚に右中間2点三塁打を許し、打球の行方を見る黒河=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影

 足を胸の高さまで上げる独特のフォームから意志のこもった直球を4球続けた。八回、国学院栃木の5番・毛塚との対戦。三回に2点三塁打を浴びた相手を内角低めで見逃し三振に仕留めた。「強い気持ちで投げ続けた」

 立ち上がりはその強気が空回りした。制球が甘くなって3回3失点。ただ、点差が開いたことで頭が冷えた。リリースの瞬間まで力を入れることを意識すると、直球やフォークが低めに集まり、五回以降は被安打1と立ち直った。

 下級生ながら全8試合を一人で投げ抜いた昨秋に続き、この日も最後までマウンドに立った。「ずっと一人で投げてきたので楽しい。やりがいがある」と喜びを感じる。

 大会前、センバツ初勝利が懸かることを聞かれ「プレッシャーがかかる」と照れ笑いしていた。だが、この日の試合後は「甲子園に忘れ物をしてきたので必ず戻ってきたい」。あどけなさは消え、エースらしい顔つきになっていた。【安田光高】

次に読みたい

あわせて読みたい