神戸製鋼所

石炭火力発電所、CO2減要請 環境相が意見書 神戸に建設計画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中川雅治環境相は23日、神戸製鋼所が建設を計画している石炭火力発電所(神戸市灘区、出力計130万キロワット)に対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出削減などを求める意見書を世耕弘成経済産業相に提出した。意見書は環境影響評価法に基づくもので、経産相は来月上旬までに神戸製鋼に勧告。その後に建設の可否を判断する。

 神戸製鋼は、同市灘区の高炉跡地に発電所2基を増設する計画で、2021年以降の稼働を目指している。すでに運転している2基と合わせた出力は計270万キロワットで、国内では最大規模の石炭火力発電所とされる。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集