メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大

入試ミス6人処分 外部指摘、対応ルールなし 検証結果公表

検証結果を報告し、陳謝する大阪大の三成賢次副学長(中央)ら=大阪府吹田市の大阪大吹田キャンパスで2018年3月23日、池田知広撮影

 大阪大の昨年の一般入試の物理で出題ミスがあり、今年に入って30人を追加合格とした問題で、阪大は23日、「関係した教員の問題だけではなく、組織としてのルールがなかったことに大きな原因がある」とする検証結果を公表した。外部からミスの可能性を指摘された際に適切に対応しなかったとして、問題作成の責任者だった教授ら3人を訓告とするなど計6人を処分した。【池田知広、鳥井真平】

 外部の有識者を交えた検証委員会がまとめた。報告書によると、阪大側には昨年6、8、12月の計3回にわ…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです