メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犯罪被害者等支援条例

「明石から世界へ」改正案が可決

条例改正案の可決を受け記者会見に臨む(左から)高松由美子さん、土師守さん、泉房穂・明石市長、古賀敏明さん、曽我部とし子さん=兵庫県明石市の明石市役所で2018年3月23日、浜本年弘撮影

再提訴費用の補助などを追加

 殺人などの重大事件で加害者への損害賠償請求権が時効で失われるのを防ぐため、再提訴費用の補助などを追加した兵庫県明石市の「犯罪被害者等支援条例」改正案が23日、市議会で可決された。改正案づくりに関わった全国犯罪被害者の会(あすの会)メンバー4人は市役所で記者会見し、「明石からの条例が全国に広まってほしい」と訴えた。【浜本年弘】

 4人は有識者意見交換会などで、当事者の立場で提言してきた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです