メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犯罪被害者等支援条例

「明石から世界へ」改正案が可決

条例改正案の可決を受け記者会見に臨む(左から)高松由美子さん、土師守さん、泉房穂・明石市長、古賀敏明さん、曽我部とし子さん=兵庫県明石市の明石市役所で2018年3月23日、浜本年弘撮影

再提訴費用の補助などを追加

 殺人などの重大事件で加害者への損害賠償請求権が時効で失われるのを防ぐため、再提訴費用の補助などを追加した兵庫県明石市の「犯罪被害者等支援条例」改正案が23日、市議会で可決された。改正案づくりに関わった全国犯罪被害者の会(あすの会)メンバー4人は市役所で記者会見し、「明石からの条例が全国に広まってほしい」と訴えた。【浜本年弘】

 4人は有識者意見交換会などで、当事者の立場で提言してきた。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文725文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 第100回全国高校野球 新潟大会 きょう準々決勝 公立進学校対決にも注目 /新潟
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]