メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏テロ

マクロン大統領「断固戦う」 3人死亡、2人重体

 【パリ賀有勇】フランス南部のスーパーなどで3人が殺害されたテロ事件について、マクロン大統領は23日、テレビ演説を行った。負傷者が16人に上り、うち2人が重体だと明らかにし、「我が国はテロの脅威に依然さらされている。断固として戦う決意だ」と述べた。過激派組織「イスラム国」(IS)は同日、影響下のニュースサイトを通じて事実上の犯行声明を出した。

 捜査を率いる仏検察のモラン検事によると、現場のスーパーで捜査当局に射殺された実行役の男はモロッコ生まれのラドワン・ラクディム容疑者(25)。麻薬売買などの犯罪歴があり、2016年以降はイスラム過激派とのつながりが疑われ、当局の監視対象になっていた。一方、モラン氏は「このような事件を起こす兆候は見つからなかった」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです